TOPRAPID動画で解説【第5回】紙図面(ラスタ)からCADデータ変換(ベクタ) 後編

RAPID動画で解説

第5回【図脳RAPIDPRO17&図脳RVコンバータ5】

紙図面(ラスタ)からCADデータ変換(ベクタ) 後編


前回解説を行なった、【図脳RAPIDPRO17】と【図脳RVコンバータ5】ラスベク変換についての
後半になります。

今回は、ラスタデータ内にある文字変換「OCR変換」とラスタ図面全体のベクタ変換について
解説します。

 

■ OCR変換

ツール1、ラスタデータを表示した状態で、【ラスタ】→【OCR変換】→【一要素変換】をクリックします。

スキャニング2、ラスタ内のOCR変換を行う文字の上を通過するように、
始点・終点を選択します。

ラスタ化3、OCR変換する文字が選択され、ODR変換ウィンドウが表示されます。今回は「物入」と表示されています。
変換を行う文字を確認し、【確定】をクリックします。
※変換する文字が違う場合は、正しい文字を入力してください。
※「確認されたラスタを削除する」にチェックを入れると、
選択したラスタ文字が削除されます。

ツール4、選択した文字が、「物入」に変換されます。

基準線5、同じ作業を繰り返すことにより、ラスタ図面上の文字を
OCR変換することが出来ます。


■ ラスタ→ベクタ変換

傾き数値1、変換を行うラスタ図面を表示します。
今回は、先程のOCR変化に使用したラスタ図面を表示します。

傾き補正完了2、ラスタデータを表示した状態で、【ラスタ】→【RV変換】→【太さ認識設定】をクリックします。

ツール3、ラスタデータ内の線の太さを認識し、各レイヤに自動で
分ける設定を行います。
※今回は「認識しない」にチェックを入れ、【了解】を

ごみ取り数値4、「太さ認識設定」終了後、【ラスタ】→【RV変換】→
【全変換】をクリックします。

ごみ取り完了5、表示された「全変換」ウィンドウ内各種設定を行い、
【実行】をクリックします。

ごみ取り完了6、ラスタデータ内の画像を解析し、ベクタデータに
変換されます。


動画をご覧頂くには、AdobeFlashPlayerが必要です。
右記バナーよりダウンロードし、インストールしてご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

RAPID 動画で解説

商品一覧

  • 図脳RAPIDPRO 19
  • 図脳RAPID 19
  • 建築⁄設備キット for 図脳RAPID Ver.4
  • メカニカルキット for 図脳RAPID Ver.4
  • シビルキット for 図脳RAPIDPRO
  • ラスタキット for 図脳RAPIDPRO
  • 図脳RVコンバータ 5

各種情報掲載

  • イベントキャンペーン情報
  • バージョンアップ情報
  • サポートについて
ご利用ガイド
よくあるご質問
ご注文から商品到着・お支払いまで
お支払い方法について
プライバシーポリシー
利用規約
特定商取引法について

CAD情報サイト店長 Manager BLOG

家はイエルカム[ielcome]

イイな家


サイト上部へ戻る